早稲田大学渋谷稲門会WEB

早稲田大学渋谷稲門会WEB -

20021009 創立20周年記念式典(リーガロイヤル東京)

10月9日(水)リーガロイヤルホテル東京にて早稲田大学渋谷稲門会「創立20周年記念式典」開催。

 奥島早稲田大学総長・中嶋早稲田大学校友会代表幹事・小倉渋谷区長を始め、110余名の来賓のご臨席と会員諸兄の出席を賜り、和やかな雰囲気の中で行われました。

 「式典」では来賓・会長等の挨拶に始まり、故人への黙祷/功労者への表彰/総長講演/125周年への寄付/渋谷区への寄付等、宮腰さんの名司会で進み、「懇親会」では小西氏率いるノースウェストバンドのBGMと、金子・内田コンビの司会でスムーズに進行。たまにお酒の勢いによる脱線や、「吉永小百合」さんの 「色紙・声の出演・写真」等々。

 

【渋谷稲門会会長あいさつ】

創立20周年記念式典挨拶

本日は、渋谷稲門会創立20周年記念式典にあたり、ご多忙のところ、奥島孝康総長、中嶋宏校友会代表幹事、小倉基渋谷区長はじめ、東京23区の各稲門会長・幹事長の皆様方にご臨席いただき、誠にありがたく心より厚く御礼申し上げます。

渋谷稲門会は1982年(昭和57年)6月28日発足、菊池泰二郎初代会長時以来、
会員相互の親睦・大学との連携・地域活動への寄与など、会の目的に沿った活発な活動を展開しております。大原基良第2代会長は会員増強に、長谷川利明第3代会長は親睦8部会に力を入れ、又谷澤隆二郎第4代会長創設による若手中心の未来派・PMグループ活動、そして年3回発行の部会報「集り参じて」等、当会は他稲門会の目標とされるべく着実な進展を続けております。
特に、故友田信前校友会代表幹事・当会顧問より1993年(平成5年)に、「渋谷稲門会が核となり東京23区全体の稲門会を作れ、そして早く23区全部に各区稲門会を作るように。」と、その時の大原会長が命を受け、大原会長の音頭で、大学より校友会の方方、田井努城西地区校友会(現、新宿稲門会)事務局長、信井文夫文京稲門会幹事長(現、文京稲門会長)の4者で打合せを重ね、その後小松原和夫豊島稲門会長、高橋健治江戸川稲門会長にご賛同を得て、1994年(平成6年)7月26日に東京都23区稲門会(現、東京23区稲門会連合)が設立されました。そして初代会長に大原会長が就任されましたことは、我が渋谷区稲門会の最も誇りとするところであります。
これからも渋谷稲門会の更なる発展を図る為に、本日ご臨席いただきました皆様方のご指導を心からお願い申し上げます。そして、ご出席の皆様方のご健勝とますますのご活躍を祈念申し上げ、ご挨拶と致します。

早稲田大学渋谷稲門会
第5代会長 倉田 富士男

  賑やかなひと時のなかで、皆様旧交を温められたのではないでしょうか。最後に全員で校歌を歌いつつ、この20年を振り返り、今後の渋谷稲門会の21周年と早稲田大学の21世紀の躍進を祈念し、散会いたしました。

 

創立20周年記念事業実行委員会

■実行委員のご紹介
左上より/伊藤 白鳥 松本 早志
左下より/丸山 中野 宮腰 倉田会長

2002年10月09日 投稿・更新
戻る